徒然なるままに、日暮、硯に向かひて、心に移り行くよしなしごとを、
そこはかとなく書きつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

こんな生活が私の理想です


お上人、そなたは自らの痴態を世に公開しておるが、よいのであるか?
もし、知人やなにやらに知れるとマズイではないか。
知れると恥かしいし、弱みを握られて、ひどい目にあってもしらぬぞ

インターネットとは、365日24時間休まず全世界に向けて情報を発信し続ける 利器であることは、
周知の事実でございましょう。それを理解したうえでこの塔を建設しておるのです。


それ、人間の浮生なる相をつらつら観ずるに、おおよそはかなきものは、
この世の始中終、まぼろしのごとくなる一期なり。
されば、いまだ万歳の人身をうけたりという事をきかず。

一生すぎやすし。

隠す意味など何もなし。






1月23日

トマトの新しい品種を触るためにやむを得ずパチンコ屋に入ってしまった。



1月23日

大阪は雪が降らんからつまらんね。雪の降ってるところに行きたい。



1月23日

最初の報道の時は状況が意味不明すぎたけど、これ見たらアレがアレかってなるな。



1月23日

「路上で知り合いホテルに…」防犯カメラに女と被害者の姿 池袋82歳男性殺害事件

「当日路上で知り合った」

これはやっぱりアレだったんですかね。



1月16日

札束持ったら嬉しくなるでしょう? 金塊はもっとすごいわけですよ。 毎日眺めるだけでも相当な精神的メリットがあるのです。


1月16日

1キロの金塊とメイプルリーフ1/2オンス100枚だったらどっちが気持ちいいだろうか。


1月16日

誕生日に1キロの金塊いったろかな。



1月16日

最近、コップを持とうとしてコップを倒してしまう。病気だろうか。



1月13日

伊賀上野のドライブインが営業終了するらしい。あそこは名古屋に行くときにコーヒーブレイクする場所なのに。



1月13日

きょう、初夢の麻雀の続きを見た。もう詳しくは書きませんが、配牌で大三元ほぼ確定してたけど多牌で上がれませんでした。



1月10日

今日は朝から京都と滋賀の境目まで経年遺失物収得PJの下見に行ったのですが、目的地の最寄駅を降りたら可愛い山ガールがいたんですよ。

で、駅から登山口までは2キロほどありまして行き方も何パターンかありますのでガールとは別々の道になったのですが、 いざ山の麓から川沿いを登り始めるときに前方に先ほどのガールを発見しまして 案内板を見てルートを確認してる感じだったので、おそらくここで趣味が登山のキモジジイなら「どちら行かれますですか」と声をかけるシーンでしょうが、 私はまだキモジジイではなくキモおっさんなので当然そんな見苦しいことをするわけもなくわざと距離を置いて数十m後ろを歩くことにしたのですが、 ガールは分岐点でスマホを見ながらもかなりのハイペースで登っていきまして、やがて姿は見えなくなったのですが 道にはかすかに匂いが残っておりまして(念のために報告しておきますときれいなサラッサラの黒いロングヘアーでした)、 その残り香を追いながら自分も登って行って、やがて匂いも途切れたのですが、 今度は要所要所に水にぬれた靴跡が残っていたので、それを見ながらこれは本格的な登山靴を履いているなとか、 この岩に足形が付いているからここを登ったのかとか想像しながら登り続けて、 こういうのはキモジジイ以上のキモさかもしれませんが自己完結型で誰に迷惑かけるわけもないキモさなので べつに問題はないということでとりあえず最終目的地の逢坂の関所跡まで2山を歩きまして、 1号線のところから旧街道のうなぎ屋のところに出られますので予定通りそこで山を下りたのですが、昼飯を食う人間で賑わっているうなぎ屋のところで なんか見覚えのある女がいると思ったら朝に見た山ガールでして、どうやらまったく同じルートをたどっていたようで、 しかもこれ今から帰る感じやしもしかして同じ電車ちゃうんかと思ったらやはり同じ電車のしかも同じ車両に乗ることになって 向こうもあれこのおっさん朝にザック背負ってたやつやんみたいになるわけで、キモいジジイならここで「ああ、朝に会いましたねえ」とか声をかけるのでしょうが、 私はいちおうそこまでキモさが発達していない年齢ですのでそういう行為が迷惑以外の何物でもないということは重々承知しておりますからスマホをいじりながら 横目でガールのフェイスをつぶさに観察しましたが、朝に見た時よりはくたびれてちょっと可愛くなくなってる感じでしたが年はけっこう若いふうで、 なんで一人で天気いい日に山に登っているのか友達いないのだろうかと思いましたが、 ここで自分のことを棚に上げて「となり空いてますか?」とか言うほど私は身の程知らずなキモジジイではないので、 たまにガールからの視線を感じながらも髪の毛をくくらずに登山するとか変わってるなあとか今日の様子はSNSにアップするんだろうかとか考えてたら 降りる駅になってまさかと思ったらガールも降りるみたいでこれはちょっと気まずいから こちらはホームに降りてからわざとゆっくり歩いて先にガールを行かせて自分は便所によってから改札出ようと思ってたらガールもなぜか便所に入っていきやがって、 ここで自分も便所はいって出てきたときに鉢合わせしたら相当気まずいことになるしなんならストーカーと勘違いされる可能性もあれば ガールも危険を感じてオレと距離を取るためにわざとトイレに入った説もあるし仕方がないのでションベン我慢してJRに乗り換えて帰ってきました。

山ガールは山にいる間が最もかわいくて、降りてきたらべつに普通に見えることが往々にしてあります。山に登るからあんまメイクしてないのにかわいく見えるのですから 不思議です。山に登るときの「あれ?こいつ普段より可愛くね?」と、降りてきたときの「あれっ?やっぱりいつも通りか」ていうあれ。 スキー場でも同じ現象が起こるのは有名ですし、海水浴場では不細工な女は可愛い女の引き立て役にしかならないので、 やはり山にはそういう魔法があるのだと思います。



1月10日

ムーは最新号含めてすべてアンリミテッドだから0円で読めるんですよ。知ってますか?



1月10日

さ、そしたらムーの2021大予言の答え合わせいこうか。

1人が「山腹の斜面が崩壊し、再生される暗示あり」「〜せまい範囲でこうした災害が生じる可能性はある」といろいろ書いてて、これ7月のあれだとすれば当たってますね。 それから1人が「閉ざされた環境下で陰湿な事件が起こる〜〜〜」といろいろ書いてますがこれもですかね。ほかは具体的に尖がったことを書いてる人で当たってるのは1個もないな。残念。



1月10日

1人が、「飛行機が墜落する」と書いて、続きで「ただしこの事故が現実のものとなる可能性は低いだろう」とも書いてるんですが、この書き方すごく賢いよな。オレも今度パクろう。



1月10日

楽しみにしていた今年のムー2月号(1月9日発売)の大予言ですが大したこと書かれてないですね。 しかしながら初っぱなから7人中6人が水に関する災害が起こると書いており、そのうちの2名がダムの決壊と具体的に書いており、そのうちの1名は福井京都あたりとまで書いてますよ。 そこで私のとっておきのここだけの話ですが、じつは私も水に浸かっているたっくさんの家の夢を見たのですが場所は岐阜県でしたよ。これは本当にここだけの話ですよ。



1月3日

今年の目標はうっかりパチンコ屋に行かないことです。やむを得ずに入店する場合はOKみたいです。



1月3日

今年は鯛スナ2がリリースされるかもしれません。 完全版は見てる人いない感じなのでもうええかになってます。 レッドラインからはトランプの再配布があるかもしれません。 あと検索して出てこないページがあるのは私のせいではなくてGoogleの仕様です。



1月3日

もるだの党の年頭挨拶はありません。 支持層の高齢化が共産党並みに進んでいるというデータがあります。



1月3日

山師の活動としましては、音羽山と逢坂山で金属探知機を使用します。

相変わらず高値を付けているゴールドを買う時期ですが、これは3月です。理由は3月は私の誕生日だからです。

根拠がないのに根拠があると思う人がいるのがこの世の中なのです。 あなたの周りにもラッキーナンバーという言葉で山師にハメられている人がいるのです。ね?簡単でしょう?



1月3日

もるだの祷の、今年のおことばですが、大地震はすくなくとも4月までは起こりません。なぜなら私が最後に地震の夢を見たのは10月だからです。 およそ半年間はセーフティーゾーンが持続しますので、起こらないのです。

10月の夢では地震が起こる時間がわかりました。ここで世界に向けて発信してもよいのですが、そういうことをすると頭がおかしいと思われるのでできないのです。

それから、家庭単位で芋や野菜を作る生活を推奨します。これが今年のおことばなのです。



1月3日

麻雀する夢をよく見るのですが、みなさんはどうですか? 私のベスト3は、

車のブレーキが効かなくなる夢、

体操服を忘れる夢、

麻雀をする夢、です。

車のブレーキの夢は、全力で踏んでいるのに少しづつ動き出してしまうのです。

体操服を忘れる夢は、体操服が体育館シューズの場合もあります。違う組の誰かに借りようと必死になります。

麻雀をする夢は、いいところまで行くのですが絶対にあがれません。



1月2日

初夢はマージャンをしている夢でした。私が親で開始直後でした。配牌を起こしていくと 8牌開いた時点で北が3枚、白が2枚、東が2枚みえて、次の4牌を開くと北が1枚、白が2枚、最後の2牌を開くと東が1枚ありました。ドラは東でした。

配牌で北と白が槓子、東が暗刻です。ドラ表示牌が北なのに手牌に北が4枚あるというのがすでにおかしいのですが、それはなぜか気にならず、 「やっと俺の時代が来た」と非常にうれしい気持ちになりました。そして、とりあえず「カン」と言って北を倒しました。

すると対面の男から「ロンっ」と言われたのです。いや、上がれないからっていうと、「これは〇〇(失念したが2文字でした)という役で、13枚がバラバラの時、 カンをした人間から直撃で上がれる役だ」と解説されたのです。十三不塔と槍槓を合わせた役みたいなもんらしいです。

私はそんな役はないと反論して、両隣の男も、そんな役きいたことがない、と私の味方をしてくれましたが、 対面の男はかたくなに「これは上がれる。満貫」と言い張り、私はしぶしぶ大人の対応をして1万点棒を渡しました。釣りは100点棒20本で返ってきました。

憤りながらそのまま牌を混ぜて(手積みでした)、山を作ったあたりで目が覚めました。今年も油断ができない一年になりそうです。



1月2日

さ、そしたら年始の恒例のやつやろうか。


過去の日記はこちら