徒然なるままに、日暮、硯に向かひて、心に移り行くよしなしごとを、
そこはかとなく書きつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

こんな生活が私の理想です


お上人、そなたは自らの痴態を世に公開しておるが、よいのであるか?
もし、知人やなにやらに知れるとマズイではないか。
知れると恥かしいし、弱みを握られて、ひどい目にあってもしらぬぞ

インターネットとは、365日24時間休まず全世界に向けて情報を発信し続ける 利器であることは、
周知の事実でございましょう。それを理解したうえでこの塔を建設しておるのです。


それ、人間の浮生なる相をつらつら観ずるに、おおよそはかなきものは、
この世の始中終、まぼろしのごとくなる一期なり。
されば、いまだ万歳の人身をうけたりという事をきかず。

一生すぎやすし。

隠す意味など何もなし。







6月19日

ソープPJのリスト更新が停まっているのは、けっして作業が滞っているからではありません。 「選択と集中」によって1つのエリアを確実に潰していくという高度な戦略にシフトしているからです。



6月19日

コーヒーコーラを飲んで

僕は地方から来た大学生なんですが、ずっとお酒を飲めることが恰好いいと思っていました。

サークルの先輩はビールでも日本酒でも何でも飲みます。僕もこういう大人になりたいと思っていました。

そんなある日、サークルの打ち上げでコーヒーが入ったカップにコーラを間違って入れてしまったのです。

先輩から勿体ないから飲めと言われ飲みました。とても美味しかったです。 体がシャキーンとした気がしました。

先輩も真似をして飲んでみましたが、口にした瞬間に吐き出していました。

結局、サークル内でコーヒーコーラを飲めたのは僕を含めて3人だけでした。

僕は、これが本当の大人の飲み物なんだなと思いました。

京都市下京区 大学生 21歳



6月19日

コカ・コーラがコーヒープラスとかいうのを数年前に発売していますが、あれはクソ不味いです。



6月19日

コーヒーコーラを飲んで

コーヒーコーラを初めて飲んだのはガストでした。 ドリンクバーで彼氏が作って持って来てくれたんです。

コーラにしては透明感が無いなと思って飲んだんですが、次の瞬間へんな味がしたので「これは薬物が入っている!」と思って吐き出しました。

彼氏は向かいの席で「目が覚めるだろ? 頭も体もシャキーンとするんだ」といって笑っていました。

最初のうちは我慢して飲んでいたのですが、飲み進めるうちにだんだん美味しいと感じるようになりました。

いまでは毎朝これを飲むことから一日が始まります。

大阪市北区 25歳 会社員



6月19日

東京行くか迷っている



6月19日

コーヒーとコーラを混ぜた飲料が美味しい季節になってきました。

わたしが一番おいしい作り方をお教えします。 コーラはコカ・コーラの赤ラベル、コーヒーはUCCやBOSSのブラック無糖缶が良いです。 (他の銘柄でも作れますが、味や風味が格段に落ちます。コーヒーは必ずブラック無糖でないとダメです)

コーラもコーヒーも冷蔵庫で冷やしたものを使います。氷は入れないでください。 グラスにコーラが5、コーヒーが5くらいになるようにいれます。甘いのが好きな人は6:4くらいでもよいです。

左右の手にもって、同時にグラスに一気に注ぎます。そうすると 黒ビールのような綺麗な泡の層がある不思議な飲料が出来上がります。 これをストローを使わずに飲んでください。

するとどうでしょう。

苦いのと甘いのがせめぎ合う、今まで味わったことのない世界が口腔内に広がります。 非常にパンチの効いた飲み心地で、身体も脳もシャキーンとします。



6月16日

ソープ第一号の東京温泉だが、さらに先祖を遡れる可能性がある。

東京温泉は、戦前の中国大陸にあった蒸し風呂のアイデアを輸入したものだという話なんだが、 牧久の本には上海の日本租界の露地の奥の料亭の傍にあった蒸し風呂がそうだと書かれている(許斐氏利も利用したんだろうなあとも)。 著者がh22年に現地まで見に行ったところ、露地はあったが建物の痕跡はなかったらしい。

だとすると、日本のソープの遠い先祖は中国という事になる。 プレイ内容や呼称など総合的に判断すると、先祖と呼んでいいのかはわからないけれど。

東京温泉だって、エロプレイは最期まで無かったわけだから、「ソープランドの先祖」と諸手で言うのは無理があると言えば無理がある。 人類の祖先を、ホモサピエンスまで遡るか、あるいは白亜紀のネズミまで遡るかみたいな話になってしまうので、難しいところだ。

広岡敬一は、そういう意味で「ハッキリしないのである」と後年になって主張を変えたのかもしれない。 自分が書いた文章の結論に当たる部分だけが独り歩きしてしまったから。



6月16日

こうして生まれたソープランドの進化の過程であるが、しばらくは爆発的な進化拡大を続ける。

戦後のエロ大災害として最も有名なのが昭和33年の売防法施行であるが、ソープ(トルコ風呂)は33年カタルシスの影響を直接的には受けていない。

ソープ進化の大転換期は昭和41年と昭和59年だ。41年に禁止区域が設定され、まずは増加に歯止めがかけられた。 そして59年に「風俗」より凶暴である「性風俗」という概念が新たに生まれ、その筆頭がソープであると位置づけられたのである。 トルコからソープへと名称変更がなされたのもこの年だ。

昭和50年代、ソープランドは既に進化しすぎて手に負えなくなってしまっていた。ようやく風営法であれこれ規制するようにしたが、 肝心かなめの「ほぼすべての店で本番をしている現状」については既に手遅れだったのである。

もちろん、この現状については売防法を適用して取り締まりをすればよいのであるが、それを今に至るまで日本国は積極的に行っていない。 振り返っても、取締はおそらく花博の際の大阪トルコの摘発が最大のものであった。これがソープ史上唯一の完全駆逐作戦であろう。

日本国の基本方針は、目立たないように商売してくれたら厳格に取締するつもりはない、というものだったのだろう。 この方針は今でも続いており、箱を潰して無店舗型に誘導していっているわけだ。箱が無かったら表向きは綺麗に見えるから。



6月16日

ソープ第一号は「昭和26年・東京温泉」というのが通説だ。トルコロジー(s53年)にはこのようにある。

1951年(昭和26年)4月1日。東京・東銀座に東京温泉が開業した。これはわが国にはじめて誕生したトルコ風呂である。 中国大陸から引揚げた人物が、入浴の習慣のない中国人の間で、レジャーとして喜ばれていた個室浴場にスチームバスを置き、中国では筋骨たくましい垢すりボーイだったのを、 日本では若い女性にマッサージをさせる方式を取り入れて店開きしたのである。

著者の広岡自身が中国からの引揚者なので、この話はなかなかに説得力がある。 ところが2年後のミューザー増刊号(s55年)では、少し変わってこのように書いている。

東京温泉がトルコ風呂を名乗っていたかどうか、それがいっこうにハッキリしないのである。 この店を開いた経営者はすでに亡く、その一族の人たちに聞いても明らかではない。

戦後性風俗体系(h12年)では、また違ったように書いている。

トルコ風呂と名付けたのは夕刊紙「内外タイムス」で開店を報じる記事に「日本で初めてトルコ風呂が」と見出しを付けた。整理部記者がふと、トルコ共和国の蒸し風呂を連想したらしい。 結果、「東京温泉」に迷惑を及ぼした。 のちにトルコロジストを名乗るようになった私が「東京温泉」の二代目社長を取材すると、 「冗談じゃないですよ。うちがトルコ売春の元祖のように思われて」と私がその元凶でだと言わんばかりの怒りようだった。

トルコの資料ってソースが殆ど広岡敬一なのでどんだけ本当かわからんのだけど、最近の本、 ソープランド入門(h29年)には、東京温泉開業はs26年4月1日で、経営者は許斐氏利(39歳)だと名前まで書かれている。

許斐氏利という人物は昭和の有名人(?)でもあるので、風俗関係以外の書籍を当たった方がほうが詳しく解る。 牧久の本には、東京温泉の立ち上げのこと、出資者が誰で資本金いくらかとかも詳しく書かれている。 また、孫にあたる人物が媒体の取材で「東京温泉=ソープの先祖説」について見解を述べたりもしている。ネットでも調べたら出てくる。

それから私が持っている東京温泉のチラシには「トルコ風呂」とはっきり書かれているので、 最初から「トルコ風呂」という呼称を東京温泉株式会社自身が用いていたのは間違いない。

だから日本のソープランド第一号は「昭和26年・東京温泉」でいいんじゃないかと思う。



6月16日

日本のソープの先祖は昭和20年代に誕生している。 同じ時代に既に存在していたエロいことの筆頭格であるカフェーや待合が厳格に取り締まられてエロくない方向に進化していった一方、 ソープはさほど制約を受けずにどんどん進化して、昭和40年代くらいにはいつのまにか世間で一番エロいものになってしまったのだ。



6月16日

遊郭→赤線→トルコ→ソープという、それっぽく聞こえていた進化論は、ここにきて大きなほころびを見せ始めています。 ソープはエリアによって進化の過程が大きく異なり、また、混血になっていると言わざるを得ないのです。

そもそも、ソープの先祖は「戦後に全く新しく生まれた」「風呂屋(高級スパ)」であり、遊郭や赤線とは根本的に異なる種なのです。 売春や特殊飲食店とは全く異なるところからスタートしているのです。



6月16日

ソーププロジェクトにおいては、リスト作成のみならず、 最新のソープ進化論を誰でもわかる形で世界に向けて発信していく必要があると考えております。 いつ誕生して、どのように進化してきたのか。なぜあそこにソープランドが群生しているのか。



6月16日

たいへんマニアックな話で恐縮ですが、私の調べによりますと、

小田原の宮小路、浜松の天竜、雀宮のすずめ、

OPEN当時の名前のままで現在も営業している日本で最も古い箱は、今のところこの3つのうちのどれかだと思います。



6月5日

Googleの金払ったらウザい広告消したるでっていう広告、完全におちょくられてるよな。



6月5日

100tで東海道を東京まで旧道伝いに行くのも楽しそう。 帰りはフェリーで東京→徳島→和歌山で帰ってくる。



6月3日

暇だから自転車で琵琶湖一周してみようかな。



6月3日

一昔前の警察24時の見すぎかもしれん。



6月3日

注意これが“受け子ルック” リアルな姿 独特の特徴が

黒いズボンに白いカッターシャツ(ノーネクタイ)、昔のイチローみたいな髪型、黒いナイロンバッグを袈裟懸け、時計はGショック。 また、目つきが異常に鋭い、足が異常に速いので走って逃げても絶対に勝てないというのも特徴。 年配の場合は釣り師みたいな謎のベストを着ているときがある。

刑事の格好ももう少し工夫した方が良いんじゃないか。



6月3日

アベの病気もアベのおかげで認知されて説明するの楽になったよな。アベの病気って言えばいいからな。



6月3日

本屋に行ったらうんこしたくなる現象は既に解明されてるんだろ? なんとか症候群っていう。



6月3日

シャンプー台恐怖症ってあるよな。同じ症状の人多いと思うのだが、まだ正式名称は無い感じだな。

もし具合悪くなっても動いたらビショビショで迷惑かかるからじっとしてないとダメっていうプレッシャーと、無重力空間みたいな体勢になるからだと思う。



6月3日

ベトナムの散髪屋の動画でも見るか。



6月1日

トルコ時代の用語でオスペ(手コキ)ってのがありますが、 オスペって「スペシャル+お」が語源ですよね? 「オペ(operation=手術)」が語源だと言う人もいるみたいですが。

スペシャルサービス→スペシャル→おスペ

「スぺシャル」を略して、接頭辞の「お」を付けたんじゃないのかな。

たまにネットで高齢者(ぽい人)が、わざわざ「お」だけ平仮名で書いてたりするから、やっぱそういう事だと思うのだが。 なんで「お」をつけ始めたんかって、語感がいいからじゃないかな。



6月1日

大阪のソープは完全解明が近い。 大阪からソープが消滅したのは平成4年。ピークが昭和59年の81軒。 浄化作戦後も京橋の1軒だけがなぜか残ったようです。



6月1日

そう考えると雇われって気楽だと思います。他人の金で好き勝手出来るって最高じゃない? 失敗してもいいんだから。



6月1日

実現して儲からんとダメだからな。 儲かってないけど内容は良かったとか無いから。じゃあボランティアしとけって話だよ。



6月1日

アイデアを述べる=結果だと思ってるやつが本当にいるから困る。



6月1日

やっぱり実現するのって難しいですね。 基本的には結果が全てですから。




5月21日

赤線飲料はそれの再トライだったという噂もある。



6月1日

夜のお嬢向けのエナジードリンクも別の人が考えてましたね。 関西にある飲料メーカーも好意的だったようですが。



6月1日

まるで組事務所...クラファンで1000万円集めた「任侠カフェ」が開店  人気メニューは「ただの水」?仕掛け人が語るこだわり

こういうのの夜のお店版を考えたことがあって、 興味のある人はステップアップで体験入店まで出来るというシナリオだったのですが、まるで相手にされなかった。 借りた服やアクセはそのままお買い上げも可能で、ヘアメイクも写真撮影もパネルやグッズの作成も連動してできるというアイデアだったのですが。



5月21日

ワクチンパスポートって当初は9割くらい陰謀論だと思っていたけど、現実のものになったな。




5月21日

海外いけないから仕方がないね。




5月21日

誰のためにやってるんじゃなくて好きでやってるんだけど。




5月21日

さいきんはYouTuberが裏風俗潜入捜査とかやっててけっこう人気みたいだから、もうオレがやらなくてもいいんじゃないかとか思ってる。




5月21日

そういえば完全版の連載すっかり忘れてたよ。てか次の新しいファイルいつアップすんねんて話だよな。




5月20日

大雨だよ。メダカの水槽が溢れちまう。



5月20日

ソープランドの写真集とかだれかつくってほしい。ラブホや遊廓の写真集はあるのにソープのやつはなんでないのか。



5月20日

同じ昭和50年代の雄琴ソープの写真集で、「雄琴・夢の国・トルコロードを行く」っていうのがあって、 わたし、これがどうしても欲しかったのでだいぶ前に手に入れたんですがね。恥ずかしくて言えないくらいの金額を出したんですよ。



5月20日

エリオット・アーウィットという著名な写真家が雄琴で撮影した作品を見てみたい。

昭和50年代に日本に来て「世界の贅沢な遊び」というテーマで、雄琴ソープランドを撮影したらしい。 日本風の箱で撮りたいという事で、店内は御三家で撮影したらしい。



5月20日

わたかの島にパチンコ屋あったんだな。まだ建物残ってるのかな。 中身も残されてたら凄い機種がありそう。



5月14日

温泉地の宿を拠点に1週間くらいブラブラしたり調べ物したりするのやってみたい。



5月14日

5条のあたりって住み心地はどうなんですかね。滋賀と大阪へのアクセス良さそうだが。



5月14日

子供のとき何屋か知らんけど名前だけは知ってたもんな。



5月14日

893好きな人だと、壊す前に中に入りたいって思うんじゃないかね。



5月14日

指定暴力団・会津小鉄会の元本部、売却され解体へ 京都中心部、不動産会社が購入

会津小鉄てめちゃくちゃ歴史ある組織だけど、こういう建物は保存の対象にはならんのかね。



5月7日

雄琴の伝説の従業員寮、二反田荘。どこにあったのかと思ってたらガーベラマンションだった。 バリバリ現役やん。いまさら気づいた。



5月3日

ピラミッドアイの赤いパネルが組みあがるときの音聞きたい。



5月1日

大阪都構想で、反対派が「市の財政が府にネコババされる。横取りされる」ってさんざん言ってましたが、あれはリアルに諸刃だったよねえ。 大阪市民って昔よりけっこう賢くなってきてて言葉では簡単に騙せなくなってるんだろなあ。みんなすごい冷めてた目で見てたもんな。お前らが自由にできる予算が減るからだろって。 でもいよいよ最後の局面で反対派がデータ数値出してきたのは賢かったかもしれんけどなあ。ズルいデータのズルい出し方だったけど。



5月1日

あいつが市長になった次の日の役所の窓口の緊張感ってすごかったよな。見てるこっちが気を遣うくらい。



5月1日

しかし、大阪の役人てのはこのころからバカだったんだね。あるいは利権ズブズブだったのか。 橋下が大阪市役所を解体するって言ってたのは解体しないとどうしようもなかったんだろうな。



5月1日

今度はまったく反対ともいえるケースを発見しました。またしても舞台は大阪です。

さらにさかのぼった昭和の30年代の話です。 事業者がトルコ風呂の許可申請をしたところ、適正配置規制(浴場法の、銭湯同士の距離を離す規制)によって不許可とされたものです。

トルコ側の主張が、

〇トルコ風呂は普通の銭湯とは構造もサービスも異なるんだから、銭湯を対象としている適正配置規制をトルコ風呂にも適用するのはおかしい。

〇そもそも大阪市は、「普通の銭湯と違うから」として、我々からは銭湯より割高の水道料金を徴収しているではないか。

〇じゃあトルコ風呂が先に出店していたら適正配置規制によって銭湯は出店できなくなるのか? でも大阪市内の他のトルコ風呂の近くには銭湯が存在してるじゃないか。ダブスタだろ。


対して大阪市の言い分が、

〇我々はトルコ風呂と銭湯は何ら区別して取り扱うべきものとしていない。だから適正配置は適用できる。

〇トルコ風呂と銭湯の違いについて、料金が高い、周辺住民が継続的に利用しない、入浴目的が異なるとあなたは言うが、 これらの差異は営業の方法によって変わる可能性もあり、絶対的なものでは無い。たとえば大浴槽を備えたトルコ風呂が銭湯と競争関係に立つ可能性だってあるじゃないか。 じっさい、東京には格安のトルコが出現してきているし、 その一方で銭湯は設備が良くなる傾向にあり、蒸しぶろを備えたり、あんま器を置いたり、牛乳、ジュースなどを販売しているところもある。 銭湯とトルコ風呂は同等のもので競争関係になる可能性がある。

〇てゆうか、お前のとこいまだに営業続けてるわけだし、許可されなかったとしてもそれでいいじゃないか損しないだろ。 だからそもそも論で本訴自体が却下されるべきなんだよ。(無許可営業に対して営業停止などの行政処分がない時代だった)


ざっくり言うとこんな感じです。

で、結果はトルコ側が完全勝利したんですよ。これ飛田新地にあったトルコですよ。でっかい駐車場になってるとこです。



4月30日

この裁判凄く面白い。 普通の銭湯として営業をしたいのだが、競合店舗が近くにあるため(浴場法で、既存の銭湯の近くに新たに銭湯は造れない)、わざと特殊浴場という事にして許可を受けたらしい。

結果、特殊浴場なのに普通の浴場としてずっと営業していたという。昭和50年代終わり(判決昭和60年)の話です。大阪の特殊浴場がいよいよこれから潰されるって時期ですよ。おもしろいな。

で、VS大阪市との戦いなんですが。これが2回目の裁判みたいで。1回目も大阪市が勝って確定判決になってるんだけど、それならと浴場側がすぐに構造変更して新たに許可申請したところ、 それも取り消されたからまた裁判で争ったようだ。昭和30年代にまでさかのぼる因縁の対決みたいだぞ。

銭湯側の主張が、

〇適正配置規制(浴場法の、銭湯同士の距離を離す規制)が憲法の22条1項に反する。(22条一項=職業選択の自由ww こりゃ無理筋だろ)

〇仮に違憲でないとしても、最初に大阪市が許可を出してるんだから後出しでやっぱり取り消しというのはズルい。


対して大阪市の言うことやることもどうかと思うんだがw。


「特殊浴場としての営業許可を受けながら、普通の銭湯と競合するような営業形態をとるという違法営業を行い、大阪市による再三の是正指導、勧告にも従わなかったものである。」

うけるw 違法営業w

「大阪市南保健所が立ち入り検査をして、「普通の銭湯と同様の営業をしないよう」指導をしたが、その営業形態が変更されるに至らなかった。」

どういう指導だよw

「特殊浴場とは、観光、娯楽、保養または休養を目的として、蒸気又は熱気を使用して公衆を入浴させる施設であって、かつ構造設備が普通浴場における設備以外の特別な付帯施設を有し、 または特別なサービスの提供を行うものを言い、いわゆるトルコ風呂ないしサウナ風呂がこれに該当する。」

何するところか超解りにくく言えばそうなるのか。


で、浴場側が負けてるんですけどね。



4月29日

その過程で、特殊浴場として許可を受けながらずっと通常の銭湯として営業していた箱が見つかりました。 ややこしいことに店舗名に「トルコ」が付いています。大阪のミナミにあったトルコです。これはソープPJの進捗に影響を与える可能性があります。



4月29日

裁判所の判例からトルコ風呂の存在した期間を解明するという新たな手法を発見しました。 すでにいくつかの成果が出ております。



4月29日

完全版のアップが遅れているのは、富士山の写真を探しているからです。



4月29日

サンデーカップ食いたい



4月25日

しかし、わけわからんところに出店して当たったら楽しいだろうなあ。



4月25日

もるだの党の考えでは、こういうのはソープとカジノで解決するはずなんだけどな。 どうせこのままだと日本が沈没するんだから早く大阪南港でエンターテインメント特区の実験しようや。手遅れなるで。



4月25日

雄琴のソープ村が昭和40年代に何もないところに出現したというのは有名な話ですが、 およそ40年前、愛知県の山奥にもトルコ(ソープ)村を建設するという話があったようです。場所が設楽町だって。

https://goo.gl/maps/UVcTQZFeVBjzMN3P7

なんか凄いところですよ。

昭和58年3月17日の中日新聞の孫引きですが、要約しますと、

設楽町が県条例の禁止区域から除外されているのに目を付けた名古屋の業者が「トルコ風呂を造りたい」と計画をたて、 役場と保健所を訪れるとともに地主の農業Aさんとの間で土地売買の交渉を始めた。

話が出たのは2月の初め。 名古屋の業者は現地での交渉役で、実際には滋賀と岐阜のトルコ風呂経営者4人がトルコ風呂団地を造る計画だったという。

詳しい場所が同町の中心地から北方約5キロにある国道257号線沿いの山林約4800平方メートル。禁止区域から除外されており、 愛知県下で新規出店できるほぼ唯一のエリア。学校・図書館、公園もないため、土地を購入されてまうと法的に対抗できなくなる。

同町では進出の話が表面化した当初、「町の発展にもいい」との歓迎論もあったが、町や議会幹部が協議した結果、「青少年の健全育成に悪影響を与える」 「豊かな自然環境をめざす設楽町にふさわしくない」として町として反対運動を進めることを決めた。 婦人会、PTAと協力住民運動を盛り上げるとともに、土地所有者に土地を売らないよう要請をする。

19日には町長、県議らが県と県警本部を訪れ、知事、県議会議長、県公安委員会、県警本部長、防犯部長らに対して「設楽町を禁止区域に追加指定するよう」条例改正の陳情をする。

設楽町助役の話

さる9日ごろ、業者が用地を物色している話を聞いた。設楽町では風俗営業法の規制外地区なので、盲点を突かれた感じだ。私有林なので、町は売買を押さえる権利はないが、 道徳的な立場から地主さんが業者へ売らないように願っています。


ということなんですが。

これ、もし出来てたらどうなってたんだろう。むしろこんな辺鄙なところだったら風紀上よかったんじゃなかろうか。

現在の設楽町ですが、

町の総面積のうち90%が山林。
転出158 転入104
死亡121 出生22
人口は昭和50年代から半減して5000人。そのうち65歳以上が半分くらい。小学生154中学生99 所得推計250万。やべーなおい。

環境衛生施設数
〜旅館17 興行場1 公衆浴場3 理容所9 美容所11 クリーニング所4 火葬場2 墓地134 

もしソープ造ったらどうなっていたかはわかりません。もっと悪くなった可能性だってあるかもしれません。それは解りませんけれども。 この134がせめて34だけでも特殊浴場だったらって誰でもタラレバ考えるよなあ。

歳入61億円、そのうち町税は6億円。

雄琴では今でも店の金庫に1億入れてたりするんすよ。おたくの税収の1/6ですよ。 トルコ村からの税収だけで東海環状まで繋がるトルコロードくらい造れたかもしれんで。

”まちに活気・まちに愛着・まちに自信 豊かな自然と魅力的な人に恵まれ、活気に満ちた”まちを目指して

キャッチコピーみたいですけど、これはむなしいなあ…。

「とましーなちゃん」っていう トマトの顔に、しいたけの傘を持ち、天狗なすのスカートをはいた3歳の女の子が町のキャラクターらしいです。

「住んでよし、訪れてよし、移住してよしの田舎」北設楽郡創造計画

これも全部読んだけど、なんかもうどうしようもないねん感がすごい滲み出てるよな。

観光情報とかサイトの表示すらできてないで。もう諦めたんか?



4月17日

コンタクトレンズ屋の女にも興味がある。 妙に派手なやつとかいますけど、チケットとかコンタクトレンズ売るのになんでそんな髪型バッチリ整えてんのか気になる。



4月17日

チケットショップで働いてる女とランチしてみたい。



4月17日

私は裏風俗で金を出してロマンを買いたいんだ。



4月17日

はっきりしない解りにくいものであるからこそ、発する側も受け取る側もそれぞれが想像力を働かせてそれぞれに世界を創れるので、私はそれこそがロマンの本質なんだと思うのですけれども。



4月17日

目に見えない部分に該当している要素が、「ロマン」というぼんやりした理解されにくいものなんですよ。



4月17日

あそこで空撮をやりたいと思っていたけど、人魚がそこにいるからこそ意味があるわけで、絶滅してから建物を撮っても価値は10分の1くらいしか無いんですよね。 こういう目に見えない部分に意味があるのですけど、なかなか理解してもらえない。



4月17日

マグロの神様に詳しく聞いといたら良かったな。



4月17日

昭和の時代には、旅館やホテルが一部を改装してトルコを始めるというケースが散見されるので、白山もそれに該当するのかもしれない。 でもソープらしい設備は一切なかったけどな。浴室も部屋も。もしかしたら2階はそういう造りになってたのか?



4月17日

ヘルス白山って最初はソープだったんでしょうか? ネット情報ではソープにされている感じですが。



4月17日

爆砕の精査な。



4月17日

個室浴場大川が死亡していたみたいです。情報提供がありました。いそいで爆発物処理班を出動させたところ、どうやら事実のようです。



4月4日

富田浜にシルクハットっていう店が今でもあるんですが、なぜあそこに1軒だけ造ったんだろう。できたのは昭和40〜50年代と思われますが…。 あそこマジで何にもないで。今でも。 ここに出店したら工業地帯の労働者で当たると思ったんかな。



4月4日

桑名のトルコは本町でした。名前が本町トルコだから本町にあると思ったら本当にあったよ。駅前じゃなかったよ。遊郭跡ですね。 ホテルの一部をトルコにしたものだと判りました。

それからここにもノーマークだったのが1軒あった。たぶん旅館を改装したのかな。

https://goo.gl/maps/L2ckGHB6YNuu2DBo9

川沿いの方、昭和50年代には閉業した旅館らしきものが多数あるので、昭和40年代には他にもトルコが存在した可能性があるかもしれない。



4月4日

松阪トルコは愛宕町のここでした。

https://goo.gl/maps/xGkducKWQFSgzZHD6

左右どっち側もそうなんですが、おそらく当時のビルのままだと思う。特にカエラの方は間違いないと思う。 もともと左側だけだったのを、流行ったから向かい側にも拡張して別館みたいにしたんじゃないかな。



4月4日

鳥羽トルコはここでした。

https://goo.gl/maps/2AeTrb8JtFPThvfdA



4月4日

四日市のプリンストルコは、かに本家のところでした。

いまのタレントクラブのところは、昭和55〜56年くらいにOPENしている。ミューザーとかにはずっと載ってないけどなんでだろう。前身は普通のサウナで、トルコに鞍替えしたっぽい。



4月4日

リストが埋まっていくのが気持ちよくて仕方がありません。



4月4日

三重県のソープランド探しは意外と簡単に片付いた。 次は岐阜と静岡を5月末までに攻略できるんじゃないかと思っている。



4月4日

きのうの夢の中でショートカットの気が強い濃紺のスーツを着た損害保険の営業ウーマンに出会った。 やたら盗難保険を勧めてきて、こちらが話の矛盾点を指摘したら逆切れされた。 青井真樹って名前だった。読み方は「あおいば まき」となぜか頭で理解していた。

夢の中で人名がはっきり出てくると、何か意味があるのかと目が覚めてから気になるのですが、今まで何かが起こったことは一度もありません。 人は何が原因でこういう夢を見るのでしょうか。



4月4日

大勢の前で話すってのは加減が難しいからな。結婚式のスピーチとかも無難な内容にしとかないと恨まれるかもしれんからな。あれ難しいよな。



4月4日

まあでも、どっちにしてももうちょい場所と発言内容を考えないと逆効果しかないよな。洗脳されてる人が勢いづくだけだし。



4月4日

「なるべく異性と遊んでほしい。そうすれば少子化は少しでも解消する」 入社式のあいさつで甲府市幹部が不適切発言 謝罪と撤回

たしかに今の世の中の公の場でいう事ではないんだが、本人はいろいろ考えた上であえて発言したのではなかろうか。

少子化対策のためにはセックスをする、こんな当たり前のことを当たり前に言える世の中はいつやってくるのでしょうか。 日本の多くの人がなんとなく感じ、思い込んでいる「不特定多数とのセックスは良くない事」という洗脳を早く解かなければいけません。

もるだの党では、性風俗給付金、事業者への減税、風営法の改正、学習指導要領の改訂などといった政策案をかねて提言しておりましたが、 今の世の中はそれ以前の洗脳を解くところから始めなければならない状態なのです。

いま若い人たちは、種の枯れた老人の口車に乗せられてはいけないのです。「沢山の相手とセックスすることはキラキラした素晴らしい事」であっています。惑わされないでください。自分で何が正しいかを判断し、発言し行動してください。少子化を解消できるのはあなた達なのです。


過去の日記はこちら