徒然なるままに、日暮、硯に向かひて、心に移り行くよしなしごとを、
そこはかとなく書きつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ

こんな生活が私の理想です


お上人、そなたは自らの痴態を世に公開しておるが、よいのであるか?
もし、知人やなにやらに知れるとマズイではないか。
知れると恥かしいし、弱みを握られて、ひどい目にあってもしらぬぞ

インターネットとは、365日24時間休まず全世界に向けて情報を発信し続ける 利器であることは、
周知の事実でございましょう。それを理解したうえでこの塔を建設しておるのです。


それ、人間の浮生なる相をつらつら観ずるに、おおよそはかなきものは、
この世の始中終、まぼろしのごとくなる一期なり。
されば、いまだ万歳の人身をうけたりという事をきかず。

一生すぎやすし。

隠す意味など何もなし。



最近の徒然


11月14日



見たらほんとに酷くてワロタwwwwwwwwwわろたwwwwwww 見てるこっちが胸痛くなってくるわwwwwwwww


11月12日

なんか日高屋は店によって味が違うらしいですよ。 それって飲食店としては致命的な欠陥じゃないかと思うんですけど、東京ではそれが個性になるみたいですね! ジローっていうラーメン屋さんとかもそうなんでしょう?


11月12日



みんな優しいので私が日高屋行きたいと言ったらこうやって写真送ってきてくれたりするんですよ。 これは野菜たっぷりタンメン半チャンセット760円らしいですよ。


11月12日

東京の人に、日高屋は、とんこつラーメンの「ラ・チャ・餃」がいいと教えてもらいました。 らちゃさめって何やと思ったんですが、おそらくラーメン・チャーハン・餃子だと解読しました。 私は京都出身の田舎者なので渋谷の最先端の言葉とか解らないんですよ。


11月8日

セックスしたときのマン汁を落としたかったので、東京の御徒町のサウナに入ったんですよ。 そしたらボディビルダーみたいな男が沢山いて、消防士の集団でも来てるんかな・・とか思ってたんです。 一人がチラチラこっち見てくるから目を合わさないようにしてですね。東京は変なところだと思いながらサウナを出て 近くの知り合いの店に行ったんですよ。そしたら「あのサウナはあっちの人が使う所じゃないのか」と言われて、合点がいった次第ですよ。

ムダ毛の処理が完璧なのと、日焼けしてないのにムキムキで、黒髪短髪で、チンチンブラブラさせて、おかしいと思ったんですよ。 あれがいわゆる「意識高いホモ」っていうやつなんですね。良く解りましたよ。でも最初から解ってたら挑発したったのにな。残念です。

それから入館時にフロントの女に「大広間の場合は、お布団を早い目に確保してください」って言われたんだが、あれはどういう意味だったのか。


11月8日



日高屋っていうのは東京のそこら中にあるんですね。外から店内を見て、なんか入るのが怖かったので辞めときました。 当方、田舎者なのでとりあえず記念に写真を撮った次第です。


11月5日



これもいい。安土桃山時代の重厚でありながら絢爛である様がよく出ている。鉄筋コンクリートであるにも関わらず屋根下の垂木を再現しているところに好感が持てる。


11月5日



かっこええ。実際にはモノレールの高架の際に建ってるせいで見上げるような迫力があるんですよ。


11月5日



千葉に観光に行ったら凄い浴城があったの! 7層だからこれは日本最大ですよ。


11月1日



出荷作業たけなわ

レッドライン西成作業場では、学習教材キットの出荷作業が連日行われている。

パート従業員のモルダさん(23)は、「大変な作業だが、日本の将来を考える人がこんなにも沢山いると思うと、おのずと気持ちが引き締まる」と神妙な顔つきであった。 また、作業を見ていた飲食店アルバイトのモルダさん(23)は、「ハロウィンとはまた違った新しい遊廓ブームが起こればいいなと思う。花魁のコスプレをしてみたい」と顔をほころばせていた。

10月27日

私はまだ人間が出来てないので、変な格好でバカ騒ぎしている東京弁の集団を見るとたぶん我慢が出来ないと思うのです。


10月27日

今日と明日は東京行こうと思ってたけどハロウィンだから行くの辞めた(実話です)。


10月27日

大事な事だからもう一回言っときますね! ハロウィンのはコスプレじゃなくて仮装なんです!


10月26日



もうすぐ締め切ります。欲しい人はお早めに。アクリル製、60×40×厚さ3oくらいです。


10月25日

日高屋っていうところに行ってみたい。


10月24日

鈴木智彦のサカナとヤクザって本を読みたいんだがどこにも売ってない。


10月24日

下の写真にある、徳川幕府の分銅金みたいな金色の物体は化粧箱です。 金色の高級そうな箱に入れないと開けた人がワクワクしないじゃないか、というCEOのモルダ氏(23)の意見で採用されたものです。


10月20日

プレゼントの受付を開始しました。

詳しくは、こちらの特設ページをご覧ください。


10月18日

レッドラインより新商品

レッドライン(大阪市西成区)は、10月19日、新商品の発表会を行った。 同社はこれを学習教材キットとして配布するとしており、「実質的にはもるだの党による政治活動ではないのか」との批判の声も上がっている。



企画・デザインを担当したジェネラルプロデューサーのモルダ氏(23)による製品解説。

まず、形状に関してであるが、周囲の溝とブリッジは遊廓の周りの水路と南北の入口を意図している。 デザインは非常にシンプルであり、配布者や製造者、URLなどは一切書かれていない。 「もるだの党は支持しないが、その政策内容には共感できる」。そういった層にも訴求できるような製品に仕上げたつもりだ。

そしてこれは最も大事な部分であるが、これは学習教材キットであることを忘れてはならない。なので自分で組み立てる必要がある。 対象年齢は12歳以上だ。12という年齢はマッカーサーがそう言っていたからだ。

ブリッジを破断させ、中央部分だけを外枠から取り外し、サンドでバリを削ってボールチェーンをつける。するとキーホルダーになる。 プラモデルを作る要領だ。

説明しよう。

まず、製品が最初から不安定な構造になっているのは、こういう存在は指を捻るだけで簡単に解体されてしまうことを体得してもらいたいからだ。 しかしながら、ブリッジは力の加わる方向が適切でないと破断しない仕様になっている。そこらあたりの力の加減を学習してほしい。

もちろん、そのままの状態でボールチェーンをつけて使用することも可能だ。なにかの拍子で圧力がかかり解体してしまう可能性もあるが、 この商売はそういうものなんだと、これも理解して頂きたい。

解体する、しない、君たちの自由だが、 業界では意図しない解体に備え、通常は2つ以上を保有することも推奨されている。

したがって、今回の無料配布は希望する数だけをお届けする予定だ。ただし、その届け出が受理されるかどうかは解らないがね。 理由は開示されず書類を返される…大人になってから目の当たりにするこの理不尽な対応を今のうちから体験しておいてもらいたい。 要は、通りそうなギリギリのラインを狙って申請する必要があるということだ。


ああ、それから大事なことを忘れていた。

裏面は空白になっているが、これは当初の計画ではもるだのサインが書けるようになっていたためだ。 しかし、もるだのサインを歓迎する人が全国にどれだけいるのかという議論が起こったため、空白のまま放置されることになった。

見栄えの観点から、やむを得ず上から貼るシールを添付することになったのだが、このあたりは、風俗街における行政の場当たり的対応を現わしている。 各地の風俗街の謎の更地や謎の建造物がどのようにして出来上がるのか。これも理解してもらいたい。


この画期的な学習教材キットをリフレッシャーの皆様にプレゼントします。 詳しくは、こちらの特設ページをご覧ください。


10月18日

DD51とかキハ47の音源とかあったら売れると思うよ。貨物列車が急制動する音とかも聞きたがってる人は多いと思う。 JR西日本あたりで発売して欲しい。


10月18日

http://www.jaf.or.jp/happybike/zukan/

JAFが凄いマニアックなことやってる。ハイレゾ音源ダウンロードできる。 でもやっぱり空ぶかしじゃなくて走行中のシフトチェンジしたときの回転数がギャーンと変化する音とかを聞きたいんだよ。 それから川崎空冷特有の安定しないアイドリングとメカニカルなノイズの混じったあの音とか。 ガンマの白煙は評価するけど笑


10月18日

地面師と竿師ってどちらがカッコいいすかね?


10月16日



(;´・ω・)


10月16日

オレは重機に乗れなかったから2次元の世界でエロビル建ててるんだよ。


10月16日



幼稚園の誕生日会のときに、先生に大人になったら何になりたいか聞かれて、こういうのに乗りたいと言ったら、そういうのはダメと言われた。 今でも覚えている。たぶん野球選手とかパン屋さんとか答えさせたかったんだろうな。おりこうさんな幼稚園だったし。


10月16日



やっぱり小松のダンプはかこいいなあ。最大積載量300トン。「最大積載量積めるだけ」とかダサいステッカー貼ってる10トンダンプを踏みつぶしてほしいよ。


10月16日



サンダーバードの乗車率高すぎるねん。15分に1本出せよ。


10月8日

3500円くらいのピンサロいきたい。口内発射したい。



過去の日記はこちら