28階 性病なあいつ


このフロアは、性病に関する過去のファイルを保管しています。きまぐれで更新してます。



 どうしたら性病に・・? チンコに異常を感じたら HIVてどうやってうつる?
 性病判別法1 性病判別法2 性病検査を受ける人たちのお話
 性病一覧表(あくまで参考に・・) 性病と風俗のお話




どうしたら性病に・・?



高校の保健の時間で習ったような・・。
確か血液同士が触れ合うといけないとかいう、実に非日常的な世界が事例として取り挙げられていた気がします。
こんな教育を鵜呑みにしているから、チンコから膿が出てくる事になるのです。(現在の教育はどうなってるんでしょうかね?私の時代は「保健体育」という謎の教科で教えられましたが・・)

「でも、生でハメへんかったらエエんちゃうん?」  ←マジで良く聞くこの質問

エエことないっす。フェラーリで移ります。
チンコから口へ、口からマンコヘ・・病気は移るのです。可能性としては口から口へも移ります。いわゆる咽頭炎ってやつですね。もちろんアナルでも移ります。チンコやマンコだけでなく、肛門・皮膚・咽頭・果ては唇まで症状が現れることがあります。

「じゃあ感染者とナマでハメたら即アウトちゃうん?」

性病感染者とナマでセックスしたら必ず移るのでしょうか?

実はそうでもありません。その病気の感染力と自分の免疫力で感染率は変わってきます。医者の書いた文献によると、淋病の場合20〜40%くらいとか。風邪をひいて体調が悪い。他の性病にかかっている。ってなときは感染率も高まる傾向があるようです。

HIV(エイズ)なんかは感染力が非常に弱いため、セックスしてもなかなか移らないようです。数字に直すと1%以下とか。




チンコに異常を感じたら


チンコが痛ぇ!チンコがかゆいぃ!というのが一般的な自覚症状ですが、余り自覚症状が無い病気もあるそうです。 (特に女性は)。ま、チンコと言うより尿道ですけど。 尿道からいつもと違う液が出てきたら、間違いなくビンゴです。すぐに病院へ行きましょう。

病院へ行く前に、

「誰にも知られずに自分だけでこっそり治そう」

って思いますが・・治るわけないじゃん。

行く先は、普通は泌尿器科。あるいは性病科(普通の病院には性病科なんてハイカラな科は無いですが)。インキンや毛じらみなら皮膚科、女性なら産婦人科でしょうか。大きい病院なら内科でも見てもらえるかも しれません(・・診てもらったことある(^-^;)。 淋病や尿道炎の場合なら、抗生物質をくれるので、飲みゃ2〜3日で治るでしょう。




性病判別法1

<巷で噂の性病判別法>

『グリンスやクレアレックスなどの消毒液をソープに混ぜてチンコを洗う。染みて痛がったら性病持ち』←風俗嬢が客に対して使う判別方法であると・・もっぱらの噂ですね


これって果たしてホンマに効果はあるのでしょうか?

『えっと、消毒液が染みるレベルなら、小便をした際に既に何らかの違和感がありますやん。チンコに異常事態が発生しているのに、風俗へ行くヤツはいないですって』 ByスナイパーT


でも、しんぼうたまらんで行くオヤジがいるかもしれない・・

『いや、わかった上で行ってるなら、消毒液が染みても我慢しますって(笑』

この判別法、効果なし!



『献血したら必ずHIV検査もするから無料でエイズ検査できるよ ←得意顔で解説されました(もう昔の話ね)

確かに献血では必ずHIVチェックを行いますが、チェックするだけです。 なぜって?検査代わりに献血するアホが必ず出てくるから。らしいです(オイオイ・・

この判別法、効果なし!



「誰にも知られずに自分だけでこっそり調べよう!」
またかい・・

ってな人にはセルフで調べられるツールもあります。




性病判別法2

えー、都市伝説的判別法はさておき・・。

本当に性病かどうかをきちんと判別したい場合は、医療機関での検査が必要になります。(セルフツールの性能が悪いというわけではありませんよ・・念のため)

普通の病院では、梅毒やエイズの検査をしてくれと言っても、そんなけったいな検査は取り扱ってないのでしてくれません。

だから、性病検査を行っている病院やクリニックへ行く必要があるのです。その際、弱みに付け込むボッタクリのヤブ医者や、保険が効かないとかいろいろ問題のある医者も一部おりますので注意が必要です。

捜査当局のお勧めは、国家権力が行っている無料検査です。

性病検査は誰でも無料で受けられるんです。←知ってました?

税金を払っているのですから、これを利用しない手はありません。


つっても、検査は血液検査でわかるものだけですけど。さすがに毛じらみの検査は国家権力でも無料ではしてくれんみたいです。

*カンジダ・トリコモナス・淋病・白癬なんかは顕微鏡検査で、HIVやヘルペス・梅毒・クラミジアなどは血液検査です。

あと、HIV(エイズ)に関しては、全国の保険所で、無料で予約なしで、匿名で検査が受けられます。自治体によっては、エイズと一緒に他の性病検査も無料でしてくれるところもあるようです。

http://www.hivkensa.com/index.html ←検査機関を全国から探すことが出来ます。うーん。便利だ。



実際の検査の内容は、どんなんかと言いますと・・

検査機関によってやり方は多少違うでしょうが、血液検査の場合は、5CCくらい抜かれます。即日結果がわかる機関もありますが、だいたいは、結果を受け取るまでに数日〜1週間かかります。潜伏期間によって、検査で陽性反応が出ない場合もあるので、ヒアリングみたいなものもあります。

性病検査に慣れている機関は、なにより深追いされない軽〜い雰囲気が好きですね。「聞きたいことは?」「特にない」「ハイお疲れ様」で終わるから(笑

採血しながら、「あーあんたは多分大丈夫」(根拠なし)とか。おまえは占い師か(笑





性病一覧表

わたしゃ医者じゃないので、、ようわかりませんが・・。
病名症状
淋病
小便すると尿道が焼ける様に痛い!尿道から黄色い膿が出る。ほっとくと、小便の度に気が狂いそうなくらい痛くなるので、早めに治しましょう。潜伏期間3日〜1週間。女性は痛みは無いらしい。最近は、抗生剤の効かない耐性菌が出てきているらしい・・。
ヘルペス
亀頭に水疱瘡みたいなブツブツが一杯出来てくる。破れるとすんごく痛い。これって治っても、疲労やらで再発したりするらしいですね・・。潜伏期間2〜10日くらい
尖圭コンジローム
尿道の中にトサカ状の物が出来る。ほっとくと、亀頭にまで広がる。意外に痛みは軽いらしい。でも重症の場合レーザーで焼いて治療するらしい・・(冷汗)。ヒトパピローマウイルスってのが病原体らしいです。潜伏期間が長い場合は3ヶ月くらい。コンジロームってのはラテン語でイボって意味です(コンパで引かれる雑学)。
カンジタ
カビが原因で、女性のアレが痒くなる病気です。別にSEXしたからなるもんでもなく、自然発症するもんなので、そんなに恥ずかしい病気でもないのでは・・・。ただ、話によると、人前でもアソコを掻いてしまうくらい痒いらしい。大変ですね・・。
毛じらみ
陰毛に小っちゃい虫(肉眼で見える)が繁殖し、痒くてたまらんようになる。毛を剃ってしまえばもちろん治ります・・。ウェットティッシュを付けるのはこれの予防なんですが、ホンマに効果あんのかな?毛を剃りたくない人は、薬局で毛じらみ用の薬用石鹸みたいなのが売っているので、をれを使いましょう。3日間くらい使うと、虫は死亡遊戯です。ただし、卵は残りますので、産み付けられた卵が孵化する頃にまた使いましょう。これを繰り返せば、お家断絶死亡遊戯です。シーツやタオルは熱湯消毒したらお家断絶死亡遊戯です。
クラミジア
潜伏期間は3日〜2週間程度。淋病よりは症状は軽い。膿は出ないこともあるみたいです。女性はあまり自覚症状がないとか。最近流行っているらしいです。抗生物質で治療します
白癬
俗に言うインキンってやつですね。カビが原因で、水虫みたいなもんです。めっちゃ痒いです。チンコの付け根から股全体へとだんだん広がっていきます。たまに、ヘソのあたりを冒されている人もいます。感染者と一緒にお風呂に入ったり、布団に入ったりすると、移っちゃったりします。病院へ行くと、チンコを曝け出した上に顕微鏡で調べられるという辱めを受けるので、それが嫌な人は、薬局で水虫の薬を買ってきて付けりゃ治るでしょう。病院に行く場合は、泌尿器科ではなく、皮膚科へ行きましょう。
トリコモナス
ウイルスではなく、トリコモナス原虫とかいうのが原因で起こる病気。性交でも感染するが、白癬みたいに風呂やタオルからでも感染します。男女とも自覚症状があまりなく、感染しているかようわからんらしいいです。確認するには、病院で顕微鏡検査をするらしいです。治療は薬を飲んで直します。男より女のほうが感染しやすいみたいですね。そんで、臭〜いマンコになるらしいです。私はまだ出会ったことはありません。出会いたくもないですが・・。。潜伏期間1〜2週間。
B型肝炎
C型とかA型とかいろいろあるみたいですね。詳しくは知りませんが、ゲイの友達に聞くとリフレッシャーが注意するべきはB型だけとか。傷から感染しやすいので、ウイルス保持者との肛門ファっクなどは大変危険ですな。確かにゲイの人たちの肝炎に対する意識は高かった。納得。潜伏期間1〜6ヶ月。でも、感染しても症状が出ずに治癒することが多いそうです。劇症化した場合のみヤバいことになるそうです。
アメーバ赤痢
なんでこんなブラックジャックに出てきそうな病気が性病なのか?恐らく、どこの医者でも性病には分類しないでしょう。赤痢ってのは下痢になる赤痢ですよ。えっと、肛門ファっクやアナル舐めがポピュラーなプレイになってきたため、ホントに肛門を舐めて感染することがあるみたいです。ゲイの人の間では常識らしい??
エイズ
エイズは感染しても発症するまでに10年近くかかることがあります。その間、自覚症状がないという変わった病気です。今は治療が進歩しているので、エイズ=死ぬということでもなくなっています。


「性病ってこんなに種類あるの?で、いちばん移る可能性あるのってどれなん?」
  ↑お約束のこの質問

私はいつも「そんなんやろ」と返してます。(典型的B型の答えですな)

実際の日本国における性病ランキング上位は・・・

1.クラミジア
2.淋病
3.ヘルペス
4.コンジローム

という統計が出ております。(国家権力による「性感染症発生動向調査」・・こんな調査しとったんやな。)

クラミジアは自覚症状が軽いことが多いため、気付かないうちに感染している、感染させているという可能性が高いのではないでしょうか。

「で、ぶっちゃけさ、みんな性病になったことあるん?」←周りが気になる日本人

性病ランキング1位のクラミジアを例にとりますと、20〜24歳の女が最も感染報告が多く、次いで25歳〜29歳の女、その次が15歳〜19歳の女になっています(男は20歳〜35歳くらいが多い)。「感染症発生動向調査」より


エイズってどうやって移るの?


性病の王様HIVです。エイズという単語の方が有名ですが、エイズはHIVに感染した結果、発病するものなので、エイズを発症というのは正しいですが、エイズに感染するというのは正確にはおかしいということになります。「HIVに感染すること」と、「エイズを発症すること」は別物なんですな。んで、エイズを発症していなくてHIVには感染しているって人の方が多いので、こういった人とエロ行為をするとHIVに感染する可能性があるわけです。

HIVは精液とマン汁と血液と母乳の中に存在します。ですので、これらの体液が粘膜や傷口から入ると、感染する可能性があるというわけです。えー、キスでは感染しません。クンニとフェラチオはする側に感染の可能性があります。される側は、相手が口から出血してない限り大丈夫です。セックスとアナルセックスがもっとも危険です。で、コンドームを付けていたらすべて大丈夫です。

あと、HIVの血液検査(抗体検査)を受ける場合は、行為ののち2ヵ月以上たってからでないと正確には判定できません。その間は悶々とした日々を過ごすことになりますが、気にしても仕方がないので気にしないようにしましょう。



性病と風俗


ぶん−秘密捜査官もるだ

もるだーだ

風俗と言えば、ボッタクリと並んで病気が怖い・・ってなイメージがあります。
風俗で病気になる可能性は高いのでしょうか?
結論から言うと、高いと言えるのではないでしょうか。
では、ソープランドと、ヘルス、ピンサロを例にとってその論拠を見ていきましょう。

まず、ソープで病気を貰うことはあまり考えられません。ソープは必ずゴムを付けますし、彼女らもプロですから、体の管理には気を付けています。(サロン、ヘルスの風俗嬢もプロであるが、バイト感覚の姫がソープよりは多い傾向がある。ソープをバイト感覚で捉えている姫はいないと思う。)それに、SEX出来るのですから、ベロベロ舐め合う事は少ない様に思えます。

ではヘルスはどうでしょうか。
ヘルスは、本番は無いですがサービスは大半の店が生であり、しかも、殆どの客が念入りにしゃくって貰うわけですから、病気を貰う可能性はソープよりあるんじゃないでしょうか。これは女の子が病気と言うわけではなく、俗に言うピンポン感染というヤツです。

続いてピンサロです。
ピンサロもヘルスと同じようにしゃくってもらうのが基本ですから、可能性はアルと言えます。そして、ピンサロにはイソジンがありません。大抵お絞りですね!? と言う事は、この3業種の中ではピンサロが一番病気になる可能性が高いと言えそうです。(実際はどうなのでしょうか?)

性病になるということは、要は不特定多数とエロ行為をするかどうかであり、風俗へ行くと必然的にその行為回数も増える事になります。そして、出てくる女の子もまた、不特定多数とエロ行為をしているわけであり、結果として、風俗へ行くと、まったく行かない人より病気になる可能性は高くなると結論づけた訳です。
ですから、風俗にまったく行かない人でも、不特定多数の素人とエロ行為をしまくっているのであれば、この理屈は通用しません。あたりまえですが・・。

そして、もう1つ、性病になる要因として、「生ではめたか」・「正しい知識を持っているか」と言う事が挙げられます。

この要因に限定して言うなれば、風俗で性病になる可能性は低いと言えるのではないでしょうか。素人さん同士の方が生指数は高いし(たぶん・・)、病気かな?と思ってもなかなか医者へ行かない傾向があります。或いはまったく気づいていない場合もあります。
ですから、2つの要因を満たす、風俗嬢並にハメまくっていて、しかも生であり、病気の事なんて気にしていない・・というアホギャルがもっとも怖いのです。


続いて
この意見に真っ向から反対するジャンキーKくんの意見です。


取材対象−ジャンキーK(仮名)
おい、まずソープだけどよ、高級店だったら生じゃねーか。それにベロベロ舐め合うってそりゃお前の趣味だろーが。口よりハメたほうが感染率は高いに決まってんだろが。そんな事言ってっから元旦から膿が出たりするんだよ。 それからイソジンがあるとかないとか、大体イソジンなんて気休めじゃねーのか?ありゃ風邪の予防薬だからよ。そんでよ、アホギャルが風俗嬢並にハメまくってるっつってもほとんど同じ男とだろ?だったら問題ね−じゃんかよ。生でも。1日4人5人とハメてる女のほうがよっぽど確率たけーんだよ。そんで、その女とハメまくってるリフレッシャーとかいうお前が1番怖ーんだよ!


えー、なんだかすごいこと言われてますね。 今度、彼には「マジックマッシュルームとオルガズム」という内容でなんか書いてもらうとしましょう。



性病と風俗2


ある性病クリニックの相談コーナーの1場面から。

相談者「風俗へ行きたいのですが性病に感染するのが怖いです。性病にはなりたくないのですが・・。」

回答者「性病にならないためには、風俗へ行ったり、不特定多数と性交をしないことです。」



性病にならないためには何が重要なのでしょうか?
そして、そこに風俗産業はどのように関連しているのでしょうか?
何か書いてみるとしましょう。


ぶん−秘密捜査官もるだ


まずもって、この回答者の見解は、甚だ的外れと言わざるを得ません。

例えるなれば、『パチンコで絶対に負けない攻略法を見つけました。それはパチンコを打たないことです。』と言っているのと同じです。

その心は、
パチンコは所詮店のほうが儲かる仕組みになっているのだから、ハナから打たないほうが良いのだ。パチンコはギャンブルだから不健全だ。という先入観をもってモノを言っており、勝とうが負けようが、そんなことはどうでもいいのです。
実際に安定してプラス収支を上げている人がいても、そのような人には興味を示さず、見て見ぬ振りをします。
彼らは、パチンコを打つという行為自体が理解できないのです。

話しを戻します。
われわれは、風俗へ行きたいのです。
不特定多数とエロ行為をしたいのです。

ですから、「風俗へ行かなければ良い」という答えは全く持って回答にもアドバイスにもなっていないのです。

この回答により、質問者が風俗を知らないまま死んでいくことになったら、一大事です。これ以上の犯罪はありません。

しかし、悲しいことに「風俗へ行きたい」という全国200万人のリフレッシャーの意見は不純な考えであり、けしからんという意見が世の中では正論としてまかり通っているわけです。

風俗否定派の人間は、性病になる要因の一つとして風俗産業があげられ、その根拠は・・などという分析をした上でモノを言っているのではなく、単純に風俗そのものが嫌いなのです。名前も知らない異性とエロ行為をすることが理解できないのです。

憎きは性病であり、風俗ではないはずなのですが、彼らにとっては風俗も性病も殆ど同じものなのでしょう。 バカですね。



では、アホな医者に代わって、風俗と性病の交わりの中で、何が重要であるかをもう一度おさらいしてみましょう。
風俗遊びというのは、不特定多数とのエロ行為ですから、単純に性病に感染する確率は高まります。確率論で言えば間違いなく高くなります。
しかし、エロ行為1つ1つのリスクはどうでしょうか?
これは心がけ、知識次第でハイリスクにもローリスクにもなります。

素人相手のエロ行為と比較した際、風俗店でのエロ行為は、相手の女性が不特定多数とエロ行為をしているという点ではハイリスクですが、 1つ1つのエロ行為に関しては、決してハイリスクな訳ではありません。

なおかつ風俗店へ行きまくっている本人自身も、1つ1つのエロ行為をローリスクにしていれば、性病感染率は決して高くは無いように思えます。


大事なことは、心がけと正しい知識です。
確率論はあくまで確率であり、天気予報と同じです。雨の予報なら傘をもって行けばよいのです。雨が降るからと家に居たら何も出来ません。(ハイ。この理屈いつも反論されます(-_-

リスクの高いエロ行為を避け、リスクの低いエロ行為をすればよいのです。
そして、感染した場合は、善処する事が出来ればよいのです。


ですから、件の質問があった場合、

性病はどのような経路で感染するのか。
感染するとすれば、どのような性病が挙げられるのか。
性病の予防には何が有効なのか。
感染した場合はどのような自覚症状があるのか
感染してからどのようにすれば二次感染を防げるのか、
治療にはどのような薬を使えばよいのか。
病院へ行く必要はあるのか?
どうすれば早期に治癒するのか。


といった事に、的確な意見をしなければならないわけですよ。
医者なんだからさ・・。






あなたからのご意見もお待ちしております。



《ドキュメント・リーマン劇場 課長、風俗で性病になる》

製作中





1つ戻る