三沢

三沢市は人口の割に飲み屋が多く、 その中に2軒の本サロと1軒のボッタクリ中国マッサージが存在しています。

1軒目は本サロ、○○○○○○。http://・・・・
吉原に同名の有名なソープがありますが、全く関係は無いです。システムは西川口流の和風サロンと言ったところでしょうか。 15000円の料金を受付で支払うとベッドのある個室に案内され、一杯飲みながら一発いたすというアレです。 30代の嬢がメインですが、20代のコも在籍しているようです。頼めば顔見せもしてくれます。

2軒目は○○、http://・・・・
こちらも本サロです。 前述の○○○○○○は元々○○として営業していたのですが、当局の摘発に遭ったためスタッフやホステス共々まるまる移籍する形で営業を再開したという経緯があったりします。 しばらく空き店舗となっていたところに、店名は変えず新規スタッフではじめられたのが、現在の○○です。 システムも料金も前述の○○○○○○と同様なのですが、こちらは女の子にドリンク(3000円也)をねだられます。ほぼ強制なので、自分はあんまり利用しないです。

中国マッサージは http://・・・・ ここの2階にあります。道路に出ている紫色の看板が目印で、よくある手コキで数万円という奴です。 こんな田舎でこんなアコギな商売がよく続くな、と思っているのですが、かれこれ7年ぐらいは営業しているという不思議。

あとは2軒ほどスナックで婆さんを売っています。どちらも60歳はゆうに超えている婆さんなので、買ったことはないですが。(2010年9月)