お店の選び方


さあ、次はいよいよ店選びです。適当な店にフラっと入るのもオツなものですが、やはりある程度は店を選んでおいた方がいいでしょう。店選びの方法には主に次の4つが挙げられます





知っている人に聞く

最も手軽ですが、その人がよほど詳しくない限り、1、2度行った事のある店を挙げるだけでしょう。それではあまり良い情報とは言えません。また私なんかは、『いい店教えてよ』とよく聞かれます。しかし、人には好みがあるということを忘れてはなりません。そういった意味では万人に共通する『いい店』は存在しません。聞く側が、自らの性癖を包み隠さず話さないと、その人に合った店を教えることはできないのです。

 インターネット 

誰にも知られずいつでも手軽に調べる事が出来ますが、よいHPを探すのがめんどくさいです。広告料で成り立っているサイトは、基本的に悪いことは書けないのでいいことしか書かれていません。そして頻繁に更新されていないと、新鮮な情報とは言えません。風俗業界は、入れ替わりが大変激しいのです。ま、いいサイトを見つけたら便利ですけど。

 無料案内所(ギャラリー) 

クラマンやナイタイという無料案内所が大きな歓楽街にはあります。ここには、その地域のお店の情報がてんこもりです。「当日限り有効」の割引券なんかも置いていて、勝手に持って行けるようになっています。そして、ここに広告を出している店は全て健全なお店(?)です。ボッタクリ店が怖い人はここで店を選ぶと良いでしょう。

 情報誌 

有名なものはへブンやマンゾクなどがあります。サークルKやデイリー、エロ本屋などで売ってます。お得な割引券も付いています。情報誌は、インターネットサイトよりも主要な繁華街の場所やその規模が俯瞰・比較しやすいので初心者にはお勧めです。

ぼちぼち手抜き一覧表
良い点悪い点
知っている人に聞く・手軽・知ったか野郎がいる
・人には好みがあるので、良い店かどうかの判断がしづらい
インターネット・1人でこっそり探せる
・自宅で調べられる
・マニアックな店も発見可能
・広告を出さない優良店も発見できる
・姫の客観的・主観的な情報を得られる
・よいHPを探すのが面倒
・意外と新しい情報を得にくい
・地図が載っていないと詳しい場所がわからない
・ガセネタがある
ギャラリー・得られる情報が的確かつ多大
・割引券が貰える
・ボッタクリ店を排除できる
・店員が店まで案内してくれる
・大きな歓楽街にしかない
・やる気のない店員に不愉快な思いをさせられる場合がある
情報誌・得られる情報が的確かつ多大
・マニアックな店も発見可能
・割引券が付いている
・ボッタクリ店を排除できる
・買うのが恥ずかしい
・買うと金がかかる
・売ってる店が限られる
・ヨイショ記事がある


トップページへ/1つ戻る/風俗の種類へ行く/用語解説へ行く