「お前・・わからんのにココ座っとんのか!?!?」

緑色の液体(お茶ともいう)をかけられたキミに、もはや戦う力は残っていなかった。




君の呪文は通用しなかったようだ・・。さようなら大門くん。
END